観音堂前に石塔を建立

観音堂の階段脇に、善光寺の石塔を建立しました。
善光寺の文字は、善光寺ととても御縁の深い、京都清水寺の貫主、森清範大僧正が揮毫してくださいました。「今年の漢字」で有名な森貫主の、とても柔らかで温かみのある字は、
来られた方を和ませてくださることでしょう。

善光寺の入り口は、入り方がわからず通り過ぎてしまう方もたくさんおりましたが、
これからはこの石塔が目印となって皆さんをお迎え致します。

どうぞお立ち寄りの際は、ご覧ください。