写経・写仏のすすめ

コロナ禍の中、多くの方が自宅で長時間過ごしていることと思います。そのような中で、善光寺ではお参りに来られない方に写経・写仏をおすすめしています。

檀信徒の方には、今回お盆の通知とともにこの「写経・写仏」セットをお送りさせていただきました。写経・写仏は自分を見つめる修行でもあります。自分自身を見つめ、仏さまの御心とひとつに過ごすことが、穏やかに日々を過ごすための助けになれば幸いです。

今回は、年内完成予定の観音堂に因み、「延命十句観音経」と季刊誌「成寿」でおなじみの故伊藤喜三郎先生の諸菩薩をモチーフにした仏画作品を写仏用にしたものをご用意させていただきました。完成した写経・写仏の用紙は観音堂に納経させて頂く予定です。

お寺にも数冊ですが、「写経・写仏」セットをご用意しております。必要な方は、お寺にお立ち寄りください。

姿勢を調え、仏さまと向き合い、心を調えてみてはいかがでしょうか。