令和2年春彼岸供養


今年の春彼岸法要は新コロナウイルス拡大予防の為に、僧侶、総代方など数名でつとめさせていただきました。

毎年、楽しみにしていた方もおられたと思います。このような決断に至ったこと心苦しく思います。中々外に出れない為、ご先祖のお参りも出来ず、日常の息苦しさを感じている方もたくさんおられると思います。

お釈迦様のみ教えは苦しい状況の中でも、幸せに生きることのできる方法を説かれたものです。皆様もこの機会に仏教の奥深さを学んでみてはいかがでしょうか。

どのような苦しみに出会った時も、身を調え、心を調えて安らかに過ごしている姿こそ彼岸(悟りの境地)そのものであります。

そのように日々を過ごすことが、ご先祖様への一番の供養になると信じております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中