茶粥

IMG_0428

善光寺では早朝坐禅会で「典座教訓」を学んでいます。

※「典座教訓」については、先日の投稿を参照してください。→コチラ

今回は、茶粥をお出ししました。

永平寺では、開祖道元禅師様と、2番目の住職様の懐奘禅師様の月命日を行います。

懐奘禅師様の月命日である29日の朝には、決まって茶粥が出されます。

茶粥は御馳走であったことが理由の一つだと言われます。

作り方

① 古くなったお茶を焙烙(フライパンでも代用可)で茶に色づくまで煎ります。

② ①をふきんに空けて、ほどけないように固く結びます。

③ やかんに水と②を入れ沸騰させ煮出します。

④ お米を研ぎ、水の代わりに③を入れて炊けば茶粥の出来上がりです。

茶粥は、豆やイモ類などと一緒に炊いても良いです。今回は里芋を入れてみました。

イモ類を入れる場合は、一晩水につけてアク抜きをして下さい。

早朝坐禅会は、毎月第1日曜日朝6時から開催しております。

皆様のご参加をお待ちしております。