胡麻豆腐づくり

IMG_0428

朝の早朝坐禅会では、現在、典座教訓を皆様と共に学ばさせて頂いております。

典座教訓(てんぞきょうくん)とは、料理を作ることも坐禅と同じように大切な修行そのものであり、そのお役である「典座(てんぞ)」の重要性と心構えを説かれたものです。

その学びの流れで、ぜひ修行中の精進料理を食べてみたいという声に応えて、住職みずから胡麻豆腐づくりをすることになりました。

胡麻豆腐は作り方の手順としては難しくはありませんが、火加減や、練り加減で、出来上がりが大きく変わってきてしまう繊細な料理です。

 

IMG_2869

葛でとろみのついたものを20分ほど、ひたすら練り続けなければなりません。

 

IMG_2871

写真からも必死さが伝わってくるとおもいます。

皆様に喜んでいただける様に必死で混ぜております。

 

IMG_2872

疲れとは裏腹に、胡麻豆腐はとろみが増え硬くなってきます。

この思い通りにならない事に正面から向かい合う修行も、胡麻豆腐づくりの醍醐味です。

 

IMG_2840

最後は、冷やし固めて、切り分けていきます。

IMG_2838

坐禅会に参加された皆様にも喜んでいただき、住職も胸を撫で下ろしました。

早朝坐禅会は、毎月第1日曜日朝6時から開催しております。

皆様のご参加をお待ちしております。